マンション

近年、新築のときから防犯カメラが
設置されているマンションが増えています。
マンションとは、複数の世帯が一つの建物内に
暮らしているところです。
そのため居住者の人数も多く、訪れる訪問者がいるので
自宅とはいえ、知らない人とすれ違う機会が、
日常茶飯事にあります。
そのような場所では、おのずと犯罪の危険が潜む死角や
管理が必要となる共用資産の数も増えます。
あなたが居住されているマンションはしっかり防犯対策
していますか?

 

浦和タワーマンションK

設置・目的

ゴミ捨て
敷地内での犯罪やイタズラの抑止が主な目的です。
また、ゴミ出しのルールを守ってもらう等
居住環境改善の目的でも設置を致しました。
防犯カメラの設置前に比べ、不審者の目撃情報が激減し、
ゴミ出しルールを守る居住者も増え
明らかに居住環境が良くなったという
ご意見をいただいております。
マンションのような居住者が多い環境では
防犯カメラの設置は必要不可欠です。

 

工事Point

マンション屋外カメラ
マンションの屋外の死角となっていた箇所や
階段、踊り場を中心に設置致しました。
今回は限られた費用で効果的に防犯性・安全性を
高めるために一部に本物の防犯カメラを設置し、
一部にはダミーカメラを設置する工夫をさせていただきました。
居住者から、カメラを追加して設置してほしいという
要望が出される事例も多くなっています。
今回も居住者の方から設置希望の声が多く挙がり
導入に至った事例になります。
 
 

まとめ

夫婦いい暮らし
いかがでしたでしょうか。
マンションでは居住者が多いので
防犯カメラ設置前に下記内容を予め検討し、
定めておくことが重要です。

  • 撮影被対象者のプライバシー
  • 個人情報の配慮
  • 設置場所や,電子的記録の管理や閲覧
  • 開示要件
また、敷地が広いため設置場所は様々です。
エントランス・エレベーター・廊下・ゴミ捨て場等々・・・・。
その際、場所によってどのようなタイプのカメラを設置するのかが
重要になってきます。
防犯カメラの賢い買い方ページに詳しい情報が掲載しておりますので
宜しければご参考ください。
場所別の防犯カメラ情報についてはこちらから→【防犯カメラの賢い買い方】